banner

入れ歯、差し歯、最後はインプラント

人間は永久歯が抜けてしまったら、その時点で自分の歯をなくしてしまうことです。
もう二度と自分の歯を手に入れることはできません。
その後は入れ歯や、差し歯や、ブリッジなどで対応するしかありません。
私も若い時、奥歯を一本なくしてしまいました。
しばらくはそのままにしていたのですが、だんだんに歯の間隔が広くなっていきました。
奥歯一本くらいと思って、実生活には何ら不自由はなかったので、そのままにしておいたのです。
しかし、奥歯一本だけでこのような変調をきたしているのです。
かみ合わせを悪くして、顔が変形してしまったり、体のバランスを悪くすることさえあるのです。
さらに、かむことが不自由になると、胃腸にも変調をきたしてきます。
歯一本くらいと言ってバカにしてはいけません。
しかし最後の最後には、インプラントがあります。
自分の歯ではありませんが、機能は自分の歯と同じです。
第二の永久歯世言われているインプラントが最後の砦です。

http://mythos-net.com/?myt=13

Copyright(c) 2012-2013 入れ歯、差し歯、最後はインプラント